伊勢原FC フォレストは、神奈川県伊勢原市にあるサッカークラブ。幼児から小学生、中学生がトレーニングをしています。サッカーを通じて「子どもたちが自分で考えて行動できるようになること」を目指しています。「サッカークリニック」では、子どもたちを教えているコーチの皆さんに、ネックウォーマーをどんなふうに使っているか、聞きました。

鼻まで上げればマスク代わりになりそう。肌触りが良くて、家のなかでも使っています。

「このネックウォーマーは黒ベースですが、最近は男子もピンクのスパイクを履く選手が多いため、良いカラーリングだと思いました。おしゃれなデザインで、女性も付けられるのではないでしょうか。練習中、試合中に実際に着用しています。自宅でリモートによる講習会をよく行なうのですが、冬季は私の部屋が寒いため、家の中でも使っています(笑)。基本的には、首に巻くか、鼻まで上げるかの使用になっていますが、鼻まで上げればマスクをしなくても良さそう。思っていたよりも肌触りが良く、付け心地が良いです」
(一場哲宏コーチ)

このくらいのボリュームだと、指導中でも動きにくくなくてちょうどいいです。

「『Enjoy Football』のロゴがすごく良いと思っています。顔の大きさにも関係するかと思いますが、私の場合は首元を暖めるのがメインになりそうです。指導中に動くことを基準に考えると、このネックウォーマーくらいのボリュームだとちょうど良い。動きにくくなりません。薄手でも、1枚あるとすごく助かります。私はスノボーなどウインタースポーツもやりますので、その際にも使用したいですね。薄手だからこその使い勝手の良さがあります」
(影浦奈津子コーチ)

寒いときは首元だけでなく、耳まで暖かくできます。車のなかや、眠るときにも着けています。

「ポップな印象を受けました。ピンクと黒のデザインで、男性だけでなく、女性にも子供にも合いそうです。格子柄もかわいいですね。それに、『Enjoy Football』のロゴはサッカーに携わる者として最も大事なことだと思います。もともと別のネックウォーマーを持っていましたが、それに比べるとこれは幅広なので、寒いときは首元だけでなく、耳まで暖かくできます。車を運転するとき、エンジンをかけてから車内が暖まるまでに時間がかかるものですから、コンビニまでちょっと買い物に行きたいときなどにも良いと思いました。眠るときにも良いです。いろいろなシチュエーションで使えます」
(山本英明コーチ)

マスクが急に破れてしまったときなどにも使えます。このデザインなら私服にも合いそう。

「実際に着けてみると、おしゃれだと感じました。基本的にはネックウォーマーだけでなく、マスクとしても使えます。例えばマスクが急に破れてしまったとき、このネックウォーマーをそのまま使えるのが助かります。着けたまま話してみましたが、声がよく通ります。このデザインであれば、サッカーだけでなく、私服にも合うと思います。程良い着け心地で、自由度もあります。指導中は落ちてくることもありません。おしゃれ感がありつつ、マスクとしても使えるという2つの意味で良いと思います」
(元木幸作コーチ)


サッカークリニック

ジュニアからユース年代までの指導者、そして意識の高いプレーヤーを対象に、日々変化しレベルアップし続けるサッカーを、技術・戦術・フィジカル・メンタルなど、多角的な視点からリポート、その対処法を紹介しています。毎月6日発売、定価950円(税込)。

ネックウォーマー付きの2月号の詳細はこちら