ボウリングの年間参加人口は実に950万人に及びます。プロからアマまで、幅広いレベルの人たちのレベルアップを応援するボウリング・マガジンでは、若手女子プロボウラーと中学生チャンピオンに、マルチネックウォーマーの活用法をお聞きしました。

「軽くて、着けている感覚があまりないのがいいですね」/プロボウラー越智真南さん(平和島スターボウル)

2018年のプロテスト・トップ合格の越智真南プロ(51期生・ライセンスNo.568)。昨年末の全日本選手権で9位に入るなど、ボウリング・マガジン注目の女子プロです。「軽くて、着けている感覚があまりないので、ボウリングの練習や、ランニングをするときに使いたいと思います。1枚でマスクとネックウオーマーの両方の用途で使えるので便利ですね。今はやりのカラーで、黄色いボウリングのマークも可愛いです」

全国大会で優勝した中学生のふたりにも着けてもらいました。

1月に行われた文部科学大臣杯第44回全日本中学選手権大会で優勝した愛甲雅治くん、石田万音さんに着けてもらいました。「色は渋いですけど、面白い柄ですね!いろんな使い方ができるので、シュシュとしても使ってみたいです」と石田さん。「通気性もよくて、着け心地がいいです。全然苦しくないので、マスク代わりに使います」と愛甲くん。2人そろって似合ってます!!


ボウリング・マガジン

1970年代に爆発的なブームを迎え、すでに “国民的レジャー”として定着しているボウリング。プロボウラーだけでなく、各分野の愛好家、中学生や高校生など幅広いレベル、年齢のボウラーに登場していただき、スコアアップのノウハウをお伝えする業界唯一の専門誌です。毎月12日発売、定価930円(税込)。

ネックウォーマー付きの2月号の詳細はこちら